「過保護のカホコ」9・19復活“新婚夫婦”の気になるその後

[ 2018年8月17日 06:00 ]

スペシャルドラマで復活する日本テレビ「過保護のカホコ」に出演する高畑充希(左)と竹内涼真(写真は昨年の放送時の写真)
Photo By 提供写真

 昨年ヒットした日本テレビの連続ドラマ「過保護のカホコ」が、スペシャルドラマで帰ってくる。「過保護のカホコ2018 〜ラブ&ドリーム〜」で、9月19日午後9時から放送。高畑充希(26)と竹内涼真(25)が演じる夫婦のその後が描かれ“カホコロス”の視聴者には待望の続編となる。

 放送から1年。史上最高の箱入り娘が成長した姿を見せる。世間知らずでピュアな保育士の加穂子(高畑)は、連ドラの最終話で美大生・初(はじめ、竹内)と結婚。今作では夫婦げんかで関係に亀裂が入るなどドタバタの展開が待っている。

 昨年7月期に放送された連ドラは、最終回に14・0%の高視聴率を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。終了後に視聴者からカホコロスという言葉も生まれ「新婚生活はどうなったの?」と続編を求める声が相次いでいた。

 高畑自身もカホコロスだった。連ドラ初主演となった思い入れのある作品で、終了後に「愛(いと)しい愛しいカホコちゃんを手放し、カホコロスなんてもんじゃないんだゼ!」とインスタグラムに書き込んでいた。待望の続編に「すっばらしいスペシャルドラマ目指して一生懸命頑張ります」と意気込んでいる。

 竹内もブレークを決定づけた作品。ドSキャラで苦学生の役柄は、同時期に出演していたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で演じた御曹司とは「真逆」で話題となった。「一家の主としてカホコとどんな結婚生活を送っているのか、そしてカホコのパパやママたちはどうしているのか。僕自身、撮影が凄く楽しみ」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月17日のニュース