織田裕二 10月に10年ぶりの月9「私も新たな挑戦をしたい」

[ 2018年8月2日 05:00 ]

俳優の織田裕二
Photo By 提供写真

 俳優の織田裕二(50)が10年ぶりにフジテレビの月9ドラマに主演する。10月にスタートする「SUITS/スーツ」で敏腕弁護士役を演じる。その若き相棒役でHey!Say!JUMPの中島裕翔(24)が共演する。

 織田の月9主演は04年10月期「ラストクリスマス」、08年7月期「太陽と海の教室」以来3作目。月9出演は91年1月期「東京ラブストーリー」を含めて4作目となる。恋愛ものが中心だった月9も、最近は多様なジャンルの作品が作られており「プロデューサーさんから“月9ドラマは新たなチャレンジを始めた”と伺ったので、これを受けて私も新たな挑戦をしたい」と意気込んでいる。

 原作は米国の同名人気ドラマ。11年6月にスタートし、現在シーズン8が放送中。法律事務所を舞台に、エリート弁護士とその相棒が数々の難しい訴訟に挑んでいく姿をスタイリッシュに描く。弁護士ドラマなのに法廷シーンが少なく、弁護士たちの法廷外の交渉や人間性にスポットを当てているのが特徴。英王室のヘンリー王子(33)と結婚したメーガン妃(36)がシーズン7までパラリーガル役で出演したことでも知られる。

 日本版の主人公は、傲慢(ごうまん)な性格だが仕事は完璧という甲斐正午。新人採用の面接会に来た鈴木大貴の天才的記憶力に目を付け、弁護士資格を持たない鈴木に経歴を詐称することを提案。新人弁護士として採用するという展開で物語は進む。

 今月上旬に収録入り。95年10月期の同局「正義は勝つ」で弁護士役を演じたことがある織田は、初共演の中島に「難しいセリフがたくさんあり大変だと思いますが、バディとして頼りにしています」とエール。弁護士役初挑戦となる中島は「役柄でも裏側でも、バディと認められるように織田さんにしっかりとついていきたい」と気合を入れている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月2日のニュース