チャオベラ解散ライブ 卒業メンバーも駆けつけ6人でデビュー曲も熱唱

[ 2018年8月2日 23:04 ]

最後に卒業した元メンバーも加わり6人で歌うチャオ ベッラ チンクエッティ。左から諸塚香奈実、岡田ロビン翔子、秋山ゆかり、橋本愛奈、後藤夕貴、大瀬楓
Photo By 提供写真

 4人組アイドル「チャオ ベッラ チンクエッティ」が2日、東京・豊洲PITで解散ライブを行った。

 6人組「THE ポッシボー」時代のヒット曲「全力バンザーイ!My Glory!」など全26曲を披露。アンコールでは、グループを卒業し芸能界を引退した大瀬楓さん(27)と秋山ゆりかさん(25)も駆けつけ、6人で涙を流し抱き合いながらデビュー曲「ヤングDAYS!!」を歌った。

 4人は今後、ソロで活動する。橋本愛奈(25)は「解散を発表してから数カ月、あっという間だった。今日もライブをやって、やめたくないなって思う。こんなにたくさんの人に見守ってもらって、決断して良かったねと言ってもらえるように、一人一人がんばっていく」と涙。リーダーの岡田ロビン翔子(25)は「この12年間で変わったことは大きかったけれど、いつもこのメンバーが横にいて3人がたくさん甘えさせてくれたからステージに立てた」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年8月2日のニュース