佐藤が名人戦3連覇、羽生二冠のタイトル通算100期ならず

[ 2018年6月21日 05:30 ]

第76期名人戦7番勝負第6局で羽生善治二冠を破り、3連覇を果たした佐藤天彦名人=20日夜、山形県天童市
Photo By 共同

 佐藤天彦名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑む第76期名人戦7番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の第6局は20日、山形県天童市で2日目が指し継がれ、佐藤が145手で勝利。4勝2敗でシリーズを制し、3連覇を達成した。終局は午後9時40分。2年前に名人を奪った羽生を相手に、1勝2敗から逆転防衛。佐藤は「厳しい戦いが続いたが、結果が出せて良かった」と振り返った。今局は相居飛車の力戦型で2日目夕方まで中盤戦が続くスローペース。最後は両者1分将棋となった。

 挑戦者を決めるA級順位戦で史上初の6人によるプレーオフを勝ち抜いた羽生だが、王手をかけている前人未到の通算100期目のタイトルはお預けに。現在防衛戦を戦っている棋聖戦以降に持ち越しとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年6月21日のニュース