相楽樹、映画監督・石井裕也氏と結婚 妊娠も発表「新しい命を授かることができ」

[ 2018年6月21日 12:17 ]

女優の相楽樹(左)と映画監督・石井裕也氏
Photo By スポニチ

 女優の相楽樹(23)が21日、映画監督の石井裕也氏(35)と結婚していたことを発表した。妊娠しており、出産は年内を予定しているという。

 相楽は所属事務所を通じ、直筆署名入りでコメントを発表。石井監督と結婚したこと、またお腹に新しい命を宿っていることを伝え「これからの人生を彼と共に過ごし、家庭を守っていきたいと思います」と幸せいっぱいに報告した。

 相楽は、中学3年でスカウトされ芸能界入りし、10年に本格的に芸能活動を開始した。16年前期のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、高畑充希演じるヒロインの妹を演じて注目を集めた。昨年3月にはテレビ東京系「こんにちは、女優の相楽樹です。」で本人役を演じて初主演を果たした。

 石井監督は、2010年に映画「川の底からこんにちは」で商業映画デビュー。第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少(28歳)で受賞した。10年に同作で主演を務めた女優・満島ひかり(32)と結婚したが、16年に離婚が成立していた。

 以下、相楽のコメント全文。

いつも応援してくださってるみなさまへ

私事ではございますが、この度石井裕也さんと入籍いたしました。

新しい命も授かることができ、現在は穏やかな日々を過ごしております。

これからの人生を彼と共に過ごし、家庭を守っていきたいと思います。

まだまだ未熟な私でありますが、これからも周りの方々への感謝の気持ちを忘れずに毎日を大切に過ごしてまいりたいと思います。

2018年6月21日

相楽樹

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年6月21日のニュース