芳村真理、伝説の歌番組「夜ヒット」を語る 百恵&ジュリーは別格の存在!?

[ 2018年5月14日 21:19 ]

(左から)芳村真理、和田アキ子、中村アン(C)日本テレビ
Photo By 提供写真

 タレントの芳村真理(83)が17日、日本テレビのトークバラエティー「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。音楽史にその名を刻む伝説の歌番組「夜のヒットスタジオ」の裏話を激白する。

 1968年、芳村は前田武彦さんと共に、同番組の司会者に抜てき。男性司会者は次々と交代する中、芳村は1988年の第1000回で降板するまで20年もの間、中心となってMCを務め上げた。芳村は当時を振り返り「大変でした。(生放送のため)始まった途端に“巻き”が出ていました」と、司会者の立場ならではの苦労話も語った。

 数えきれないほどの歌い手を目にしてきた芳村だが、中でも山口百恵さんとジュリーこと沢田研二は別格の存在で、とてつもないカリスマ性があったという。

 百恵さんについては「学校の帰りにセーラー服で来る。ピアノの下で宿題をやって、リハーサルで着替えるとガラッと変わる」と、独特の雰囲気を感じ取ったことを吐露した。

 ジュリーのスター性はゲストの和田アキ子(68)も感じていた様子で、芳村は当時の和田について「アッコちゃん、ジュリーがいると静か。“真理さん、見て”って手がびっしょりになって…」と、緊張で身をこわばらせていたという。和田も「(ジュリーには)やっぱり魅せられるの」と本音をこぼした。

 MCの松本人志(54)は「色恋の感じなんですか?」と、すかさず和田をイジると、和田は思わず赤面。さすがのゴッド姉ちゃんもジュリーが相手では分が悪かった?

 番組ではダウンタウンの2人がゲストと軽快なトークを展開。ゲストは芳村、和田のほか、陣内孝則(59)、カンニング竹山(47)、中村アン(30)、小島瑠璃子(24)、「GENERATIONS」の数原龍友(25)と小森隼(22)、ガンバレルーヤ、ひょっこりはん(31)、黒羽麻璃央(24)。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年5月14日のニュース