フィフス・ハーモニー 活動休止前最後SNSでファンに感謝「最高な6年間をありがとう」

[ 2018年5月14日 17:05 ]

 米女性音楽グループのフィフス・ハーモニーが14日活動休止前最後の公演を終えてSNSでファンに感謝をつづった。米メディアが報じた。

 2012年7月にオーディション番組『Xファクター』アメリカ版のシーズン2から誕生したフィフス・ハーモニーは11日、フロリダ州のハード・ロック・ライブで活動休止前の最後の公演を行っていた。

 公演終了後にグループの公式ツイッターで「これ以上の最後の公演はないわ。今夜来てくれた全員に感謝する! みんなはずっと私たちの心の中にあるわ」と投稿。各メンバーはそれぞれに「最高な6年間をありがとう。次のチャプターが待ち遠しい」「永遠&常に」「次会う時まで」など思い思いのツイートを更新した。

 フィフス・ハーモニーは今年3月に活動休止を発表。「フィフス・ハーモニーの活動は休止して、ソロ・キャリアを追求する時だと分かったの」と個々に磨きをかけることを理由挙げた。

 脱退したメンバーには、8日から米人気歌手のテイラー・スウィフト(28)のツアーのオープニング・アクトとして活躍中のカミラ・カベロ(21)がいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年5月14日のニュース