PR:

真木よう子はノリノリ 役所広司、大変だったのは“真珠”を取り出すシーン

大阪市内で舞台あいさつした(左から)阿部純子、役所広司、音尾琢真
Photo By スポニチ

 俳優の役所広司(62)が13日、大阪市内で主演映画「孤狼の血」(監督白石和彌)の公開2日目あいさつに出席した。

 昭和の広島を舞台に暴力団抗争、警察と暴力団の駆け引きを描くバイオレンス満載の同作で、県警暴力団係の粗暴な刑事を熱演。この日の初回上映後の登壇とあって、「朝8時からの“孤狼の血”は格別だったんじゃないでしょうか」と観客をねぎらい、笑わせた。

 大変だった撮影を問われると「“真珠”ですね」と、同席の音尾琢真(42)との共演シーンを挙げた。音尾演じる暴力団員が急所に埋めた真珠を、役所が取り出すという衝撃的な場面だが、「面白い現場でしたよ。真木よう子さんなんかノリノリで」と笑顔。出番を待っている間も、「この後、こいつ(音尾)がどんな目に合うのかと思うと、おかしくて笑いが止まらなかった」と振り返った。

 さらに、「特殊メークさんが音尾さんのイチモツを作っていて、さすがに(スクリーンには)映らないだろうと思ってたら、さすが白石さん!ばっちり映ってた」と、監督の英断もたたえた。観客には「ちょっと激しい所もあるが、人間ドラマになっている。ヒットして白石監督がまた続編、続々編を作れるよういろんな人に勧めてください」と訴えた。

 舞台あいさつには、地元・大阪出身の女優・阿部純子(25)も参加した。

[ 2018年5月13日 12:17 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月20日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル