櫻井翔 グループは「長く続けようと強く思わなければ続かない」 前日も嵐メンバーと食事

[ 2018年5月5日 11:50 ]

「嵐」の櫻井翔
Photo By スポニチ

 「嵐」の櫻井翔(36)が5日放送のTBS「サタデープラス」(土曜前8・00)に出演。番組MCの「関ジャニ∞」の丸山隆平(34)との対談でグループが長続きする秘けつを明かした。

 丸山から「ケンカはあるか?」と聞かれた櫻井は「うちはないね」とキッパリ。「いいか悪いかは別の問題で、ケンカしたほうが仲良くなることってある。俺もプライベートの友達となら山ほどある。でも、たまたまうちはない。みんな優しいんじゃない?」と続けた。逆に、関ジャニ∞については「1回ありました。僕と錦戸で」と丸山。「お弁当の角煮を食った、食ってないで結構なケンカになりました。3年前ぐらい…」と苦笑。内容が内容だけに、あまりに最近の出来事で、櫻井も「10代の頃かと思った」と笑った。

 グループ内で意見が分かれた時の対処法について、櫻井は「うちは完全に多数決。遠慮し合うメンバーが集まっているグループだから、話し合うと決まらない。だから、せーので手を挙げるとか、とにかく多数決(で決める)」とした。

 関ジャニ∞は渋谷すばる(36)が年内でグループを脱退し、ジャニーズ事務所も退所することが決まっており、7月に始まるツアーから6人で新たなスタートを切る。嵐は来年デビュー20周年、関ジャニも来年デビュー15周年を迎える。

 グループが長続きする秘けつを聞かれた櫻井は「最近、強く思うのが、やっぱり当事者である我々が、長く続けようと強く思わなければ続かないよね」。さらに「元々、他人が家族より長い時間を一緒に過ごすわけだから、それぞれに歩み寄ったり、思いやったりしないと難しいよね。うちはたまたま、20年近く長くやれているけど、それはみんなの努力あってこそだと思う」と続けた。

 丸山から「いつからか、メンバー全員でご飯に行くことが無くなるっていうのどのグループにもある」と話を振られると、櫻井は「俺らは昨日も行ったよ」と即答。丸山が驚く中、櫻井は「行かないという理由がない。大阪ドーム行きましたって言えば、大阪でみんなでご飯行くし。5人で絶対行く、必ず」。それでも、会話があるわけではないようで、北海道での仕事の時は5人でジンギスカンを食べに行ったものの、「何話すっていうわけでもないのよ。ただただ無言でジンギスカンを食い続けるっていう。もう老夫婦」と苦笑。それでも、丸山は「理想の形でもありますよね。言葉がなくても一緒にいられるという」と感心していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月5日のニュース