俳優・内田稔さんが死去 91歳 NHK大河や「暴れん坊将軍」に出演

[ 2018年4月5日 12:19 ]

肺炎で2日に亡くなった内田稔さん
Photo By 提供写真

 俳優の内田稔さんが2日、肺炎のため亡くなったことが5日、分かった。91歳。所属する劇団昴が発表した。葬儀は近親者のみで済ませた。

 内田さんは文学座を経て、1963年に劇団雲の設立に参加し、1976年から劇団昴に在籍。シェイクスピア作品のほか「セールスマンの死」「クリスマス・キャロル」「八月の鯨」(以上劇団昴)、「この道はいつか来た道」(木山事務所)など多数の舞台作品に出演。また「おんな太閤記」「徳川家康」「山河燃ゆ」など多くのNHK大河ドラマ、「暴れん坊将軍」シリーズ、「ザ・ガードマン」といった人気ドラマ、さらには映画「日本沈没」など、多くの映像作品にも出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年4月5日のニュース