小百合の忘れたくない過去は「桜の木の下でのおままごと」

[ 2018年4月5日 08:41 ]

映画「北の桜守」のイベントを行った吉永小百合と和田秀樹氏
Photo By 提供写真

 吉永小百合(73)が4日、東京・銀座の丸の内TOEI(1)で「北の桜守」(監督滝田洋二郎)のヒット記念イベントを行った。

 記憶を失っていく母親を演じたことから、介護職や認知症の家族を持つ人々を招待。「老い」をテーマに観客からの質問に答えるティーチインの形で進行。医療監修を務めた精神科医の和田秀樹氏(57)も登壇した。

 「忘れたくない記憶は?」との質問に吉永は「幼い頃、庭の桜の下で妹としたおままごとは覚えていたい」と回答。最後は「介護は大変ですが前に進んでください」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年4月5日のニュース