“保育界のカリスマ”ケロポンズ、ダンス動画で朝食作り応援、アプリゲームも

[ 2018年3月12日 05:30 ]

ダンス動画で朝食作りを応援するケロポンズ
Photo By 提供写真

 ミュージック・ユニットで“保育界のカリスマ”の異名を取る「ケロポンズ」が、コーンフレークブランド「シスコーン」のキャラクター「シスコーン坊や」と結成したユニット「シスコーンズ」のダンス動画「できるさ できるよ あさごはん」が人気を集めている。

 今月5日に公開され「自分でつくる、はじめての朝ごはん」をテーマに、動画に合わせて歌って踊るとひとりでシスコーンを使った朝食が作れる動画になっている。子どもたちに人気の体操「ブンバ・ボーン!」の振付師たにぞう氏がダンスを監修している。

 12日からは体験型知育アプリ「なりきり!!ごっこランド」でコラボゲームを配信し、はじめての朝食作りを楽しく応援していく。ダンス動画「できるさ できるよ あさごはん」は、食事の用意を自分でやりたいとき、簡単にチャレンジでき、初めての「自分でできた」の喜びと進んで朝食を食べたくなる習慣付けをサポートする。

 ケロポンズは「子供たちの“自分でできた”をみんなで応援したい、そんな気持ちでこの歌を作りました。楽しく歌いながらできたらいいなと不思議なじゅもんを考えてみました」と朝食作りを応援。また、たにぞう氏は「何度も繰り返して踊るほどお子さんが元気になるよう、幼児期に必要な柔軟性、リズム感、遊び力を取り入れています。ぜひお子さんと一緒にたくさん踊って、おいしい朝ごはんをつくってください」とメッセージを寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月12日のニュース