桂歌丸 18日の名古屋での落語会を休演 長距離移動に不安も

[ 2018年3月12日 19:26 ]

落語家の桂歌丸
Photo By スポニチ

 落語家の桂歌丸(81)が18日に名古屋市内で開催される「中日特撰落語会」を休演することが12日、分かった。

 3日に日本テレビ「もう笑点」の収録に参加するなど体調の急激な変化はないが、先月12日に名古屋で寄席に出演した際、帰りの新幹線内で息苦しさを感じたという。関係者は「現状、長距離移動には不安が大きい」と話し、今回の出演を見合わせた。

 復帰予定は21日に仙台で行われる寄席への出演で、本人も意欲を燃やしている。来月1日に仙台市内でオープンする常設の寄席「花座」の名誉館長を務めていることもあり、周囲には「何としても仙台の人々にアピールしたい」と語っているが、関係者は「本人の体調と相談しながらだが、いずれにせよ今後は関東地区以外の寄席は難しいだろう」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月12日のニュース