PR:

「さよ朝」石見舞菜香 初々しく初日あいさつ「しゅつ…しゅつ…出演で…」

劇場版アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」の公開初日舞台あいさつに登壇した(左から)堀川憲司プロデューサー、rionos、入野自由、石見舞菜香、梶裕貴、岡田麿里監督
Photo By スポニチ

 劇場版アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」(監督岡田麿里)の初日舞台あいさつが24日、東京・新宿バルト9で行われ、主演声優の石見舞菜香(いわみ・まなか)や主題歌を手掛けたrionos(リオノス)らが出席した。

 10代半ばの外見のまま数百年を生きる種族の少女マキアを演じる石見は「初めての劇場版アニメへのしゅつ…しゅつ…出演で…」と舌が回らず、デビュー2年目らしい初々しさ全開であいさつ。

 孤児となった赤ん坊エリアルを母代わりに育てる役柄に「私は母親になった経験がないもので…」とマジメに話す姿に、エリアル役入野自由や、梶裕貴ら登壇した声優陣や会場から温かい笑いが漏れた。

 少女のままに見えるマキアと、成長していくエリアルら周囲との“別れ”がテーマの一つ。

 主題歌「ウィアートル」を手掛けたrionosは、作品から受けた思いについて「別れは凄く悲しく苦しく、辛いものになることもある。でも、いつか私がおばあちゃんになった時、そんな別れも含めて全て良いことだったと思える力をいただきました」と語った。

[ 2018年2月24日 13:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月18日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル