PR:

「バイプレイヤーズ」松居大悟監督 ラジオで号泣 大杉漣さんに涙の誓い「責任を持って完走する」

テレビ東京「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」のメーン演出を務める松居大悟監督
Photo By スポニチ

 21日に急死した俳優の大杉漣さん(享年66)が出演し、亡くなる前日の20日まで撮影していたテレビ東京「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(水曜後9・54、全5回)のメーン演出を務める松居大悟監督(32)が23日、J―WAVE「JUMP OVER」(金曜後11・00)に生出演。号泣しながら「絶対に責任を持って、いいものにしようと思っています」とドラマ完走を誓った。大杉さんが亡くなってから、ドラマ関係者が肉声を発したのは今回が初。

 ラジオの最後、昨年1〜3月に放送された前作「〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」のエンディングテーマ、竹原ピストル(41)の「Forever Young」をかけた後、松居監督は「一昨日3話が放送されて…」と切り出すと、涙が止まらず「全5話なんですけど、今日ちゃんと5話までやろうというのがメンバーだったりとか、いろいろな人と話をして決まって…まだ4話が7割ぐらい、5話が3割ぐらいしか撮れていないんですが…すみません…絶対に責任を持って、いいものにしようと思っています」と泣きじゃくりながら、途切れ途切れに語った。

 「来週2月28日に4話で、脚本・宮本(武史)さんで、監督・横浜(聡子)さんで、再来週3月7日に最終話で、脚本・ふじき(みつ彦)さんで、監督・僕でやっています。プロデューサー、メンバーみんな…どうしていいか分からないと思ったんですが、今、僕らができることは『バイプレイヤーズ』というドラマが凄くとてもおもしろく、楽しく、明るいものだから、それを責任を持って完走することだと思っています」と鼻をすすりながら、声を振り絞った。

 「凄く不安なことはいっぱいあるし、正直(大杉さんの急逝が)あまりよく分かっていないのも…。何か分からなくなっているんですが…。とにかく今は、撮っている素材と、これからできることを整理することだったりとか、スタッフと話をしたりとかしていることが凄く安心するというか…。今はそれしかできないと思っています」と大黒柱を突然失った悲しみの中、必死に前を向いた。

 テレビ東京は23日、残る第4話を今月28日に、最終回(第5話)を3月7日に放送することを決定したと発表。第4話は3割、第5話は3分の2の撮影を残すが、脚本を一部変更する方向で撮影を進める予定。厳しいスケジュールの中、どのように完成、放送を目指すのか。「バイプレイヤーズ」チームの底力が期待される。

 松居監督は前回の第1話、第2話、第5話、第8話、第11話、最終回、今回の第3話、第5話の演出を担当。20日に千葉県内で行われた大杉さんの最後の撮影も一緒だった。映画「アフロ田中」「アズミ・ハルコは行方不明」などを撮った新鋭で、前回、それまで名脇役たちと仕事をしたことがなく「新しい魅力を引き出してくれる」(浅野敦也プロデューサー)と抜擢された。

[ 2018年2月24日 12:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月21日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル