黒木瞳 アガサ・クリスティ作品挑戦、テレ朝でSP「大女優殺人事件」

[ 2018年2月24日 06:00 ]

テレビ朝日のドラマスペシャル「大女優殺人事件」で名女優役を演じる黒木瞳
Photo By 提供写真

 女優の黒木瞳(57)がテレビ朝日のドラマスペシャル「大女優殺人事件」(3月25日後9・00)でヒロインの名女優を演じる。

 ドラマの原作は英国のミステリー作家アガサ・クリスティの小説「鏡は横にひび割れて」。1980年に米ハリウッドで「クリスタル殺人事件」の題名で映画化され、同じ役を英国出身の女優エリザベス・テーラーさんが演じた。黒木は「“私には無理じゃないか”と思いましたが、同時に作品の魅力も感じ、挑戦してみようと決心しました」と話した。主人公の警部を演じる沢村一樹(50)とは初共演。黒木は「新鮮な気持ちで相対することができました」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年2月24日のニュース