藤井四段にそっくり?!対局者の“食”を支えた大幸園料理長

[ 2018年1月29日 05:30 ]

第67期王将戦7番勝負第2局第2日 ( 2018年1月28日    佐賀県上峰町・大幸園 )

大幸園料理長の藤聡太郎さん
Photo By スポニチ

 対局者の“食”を支えたのは大幸園の藤聡太郎料理長(30)だ。同店は72年に川魚料理専門店として創業し、昨年10月に経営が代わったことを機に創作料理の飲食店となった。川魚はもちろん肉料理まで四季の味が楽しめる。

 王将戦を迎えるにあたり「ここでしか食べられないメニューをそろえました」と話した藤料理長。話題の藤井聡太四段(15)と名前が似ている。「周囲からよくイジられます」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月29日のニュース