名門6校がBunkamuraに集結!「世界名門バレエ学校の饗宴」総合監修は熊川哲也氏

[ 2018年1月29日 15:32 ]

総合監修を務めるオーチャードホール芸術監督の熊川哲也(c)Daisuke Hayata
Photo By 提供写真

 世界6カ国の名門バレエ学校が日本に初集結する「オーチャード・バレエ・ガラ〜世界名門バレエ学校の饗宴」が2月11、12日に東京都渋谷区のBunkamuraオーチャードホールで開催される。

 総合監修はオーチャードホール芸術監督の熊川哲也氏。「今後ますますバレエ界において重要な位置を担うであろうここ日本に世界の才能が集結することを嬉しく思います。本公演のテーマは“Education and Discovery”。バレエ界を担う各国の若手にとっては、海外で舞台経験を積む機会となり、バレエ都市東京を知ってもらうきっかけになればと願いますし、我々にとっても、各国の教育の伝統を目にすることで多くの学びがあるでしょう。世界中の若者が切磋琢磨し、より高みを目指していける機会になることを願います」と公演に期待を寄せている。

 バレエ史に名を残す偉大なダンサーから現在第一線で活躍するスターダンサーまで、その才能が育まれる原点はバレエ学校。バレエ学習者が40万人いるとされる日本からも、海外留学を目指す子供も年々増加している。

 一方で世界のバレエ学校の実力を目の当たりにする機会は限られているのが現状。そこで文化・芸術分野で「次世代育成支援」に取り組んでいるBunkamuraでは、公演を通じて世界トップクラスのバレエ学校のリアルな姿を間近で見てもらい、世界へと羽ばたくきっかけになればという思いで公演を開催する。加えて今回は日本の若手ダンサーを応援するための入学合同オーディションも行い、日本バレエ界発展の原石発見にも貢献したい考えだ。

 参加するバレエ学校はワガノワ・バレエ・アカデミー(ロシア)、ハンブルク・バレエ学校(ドイツ)、ウィーン国立歌劇場バレエ学校(オーストリア)、ハーグ王立コンセルヴァトワール(オランダ)、カナダ国立バレエ学校(カナダ)、オーストラリアン・バレエ・スクール(オーストラリア)の6校。

 いずれも世界で知られる名門が集結することにすることに、Bunkamuraの西村友伸社長は「同世代のライバルたちのバレエに触れることが成長につながり、よりバレエを好きになってもらえれば嬉しいです。未来のスターダンサーを間近で見ることができる貴重なこの機会をお楽しみください」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月29日のニュース