久保純子アナ 星野氏に感謝「野球のイロハ優しく教えてくれた」

[ 2018年1月7日 09:25 ]

フリーアナウンサーの久保純子
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの久保純子(45)はNHK時代に取材した星野氏を「試合中に見せる厳しい一面と相反する優しい笑顔は忘れることができません」と悼んだ。

 NHK入局3年目の96年に「ニュース11」のスポーツコーナーを担当。当時は野球の知識が全くなかったが、中日監督だった星野氏が「野球のイロハを優しく教えてくれた」という。昨年はNHK・BS1「ワールドスポーツMLB」でメジャーリーグを取材。星野氏から学んだ「イロハ」が仕事に生きている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月7日のニュース