YMO高橋、奥田民生、柴咲コウ…豪華メンバーで「おそ松さん」新エンディング曲

[ 2017年12月26日 05:00 ]

「The おそ松さんズ」(上段左から)高橋幸宏、鈴木慶一、大貫妙子、矢野顕子(中段左から)奥田民生、柴咲コウ、重住ひろこ、小原礼(下段左から)佐橋佳幸、鈴木茂、Dr.kyOn、ゴンドウトモヒコ
Photo By 提供写真

 放送中の人気アニメ「おそ松さん」のエンディング曲を来年1月から豪華メンバーで結成する「The おそ松さんズ」が歌うことになった。

 メンバーはYMOの高橋幸宏(65)、ムーンライダーズの鈴木慶一(66)をはじめ、大貫妙子(64)、矢野顕子(62)、奥田民生(52)、重住ひろこ(46)、柴咲コウ(36)ら。「with松野家6兄弟」として6つ子の声を入れる声優も参加する。曲名は「大人÷6×子供×6」で、落ち着きのある洗練されたポップスに仕上がった。

 13年の音楽フェスで特別編成された「The おそ松くんズ」のメンバーを中心に結成。プロデュースと作曲を手掛けた高橋は「曲のコンセプトは“駄目だけれどキュンとする松野家6兄弟”って感じかな」と解説。来年6月6日に66歳を迎える運命的なタイミングで「なぜかずっと6という数字が大好きでここまできた。何かの縁ですね」と話している。作詞を手がけた鈴木は「ほこっとした曲に、しぇーっとする歌詞を作りましたざんす」と作中に登場するイヤミの口調を真似た。

 奥田は「どっちかというと若手なので元気に頑張りました。ありがとうございました」とシンプルなコメント。これに応じて、柴咲も「どっちかというと若手なので明るく頑張りました」とした上で「皆の“音の輪”に入ることができて幸せです」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年12月26日のニュース