橋爪遼参加の映画「漫画誕生」出演シーンカットせずに公開へ 「更生願い」決断

[ 2017年12月26日 22:00 ]

橋爪遼
Photo By スポニチ

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われ有罪判決を受けた俳優の橋爪遼(31)が出演予定だった映画「漫画誕生」の製作委員会が26日、公式サイトを更新。橋爪の出演シーンを残す形で公開すると発表した。

 サイトでは「マスコミ等々でも取り上げられておりますが、出演者の一人であります橋爪遼氏が、6月に覚醒剤取締法違反の罪で逮捕されました。あまりのことに監督はじめ製作陣も、今後映画をどうしていったらいいのか、半年間悩み苦しみました」と制作陣の苦悩を説明。

 「製作委員会としましては、真摯に熟考を重ねた結果、橋爪氏の出演箇所を残す形での完成・公開ということを決断いたしました。もちろん彼の犯した罪は重大です。厳しく非難されて当然だとも思います。しかし一方、一度の過ちで更生の可能性を断ち切り社会から抹殺してしまうようなことには疑問も感じるのです。これからの更生の道は、長く険しいことと思います。苦しくなった時、思い悩んだ時、この映画の存在が、少しでも彼の励みや支えになったらと願って止みません」と出演シーンをカットせずに公開を決断した理由を明かした。

 「漫画誕生」はイッセー尾形(65)の主演作で、橋爪はイッセーの青年期を演じている。

 橋爪は今年6月に知人の男宅で覚醒剤を使用したとされ逮捕。11月に開かれた判決公判で懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)が言い渡された。俳優橋爪功(76)の長男。当時出演していたテレビ朝日のドラマ「やすらぎの郷」、日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」は出演部分をカットしたり、ボカシ加工を施すなどしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2017年12月26日のニュース