カンテレ・坂元&服部アナがR―1参戦「できれば会社に見つからずに…」

[ 2017年12月26日 05:00 ]

「Rー1グランプリ2018」の予選にチャレンジする坂元龍斗アナウンサー(右)と服部優陽アナウンサー
Photo By スポニチ

 26日に東京でスタートする関西テレビ系「R―1グランプリ2018」の予選1回戦に、関西テレビの坂元龍斗アナウンサー(32)、服部優陽アナウンサー(24)が出場することが25日、同局から発表された。過去には06、09、17年に岡安譲アナウンサー(43)らが出場。09年には坂元アナが、昨年は服部アナが2回戦に進出した。

 坂元アナは9年ぶりの出場。報道番組のフィールドキャスターなどを務めているが、9月の同局「桃色つるべVSカンテレアナウンサー60分SP」(金曜深夜1・25)で久々にバラエティー番組に出演。「また、いつかR―1に出たい」と参戦を決定。「できれば会社に見つからずに、ノンプレッシャーで参加したかった」と照れながら「9年前の“早口言葉ネタ”をブラッシュアップして挑む」と意気込む。

 一方、服部アナは「R―1出場者募集のポスターを見た瞬間、気づいたらエントリーしていました」と苦笑い。「先輩よりいい結果を残せるよう、頑張ります」と同局アナ史上初の3回戦進出を目指す。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2017年12月26日のニュース