「みうらじゅん賞」の船越英一郎「感慨もひとしお」も選考理由「聞いてみたい」

[ 2017年12月26日 22:50 ]

みうらじゅん賞のトロフィーを手に笑顔の船越英一郎
Photo By スポニチ

 イラストレーターのみうらじゅん氏(59)が独断で選ぶ「輝け!第20回みうらじゅん賞」が26日、インターネット放送のGYAO!で生配信された。俳優の船越英一郎(57)が受賞し、ビデオメッセージを寄せ喜びを語った。

 船越は「うれしいですね。(みうら氏の)隠れファンなので、いつかもらえる日は来るなと思っていた。感慨もひとしおです。人間・船越英一郎として頂けたのかなと思う」と語り、最後には「大きな賞をありがとうございます。(選出理由を)聞いてみたいので、ぜひ一献、お酒の席でぜひお聞かせ頂ければ」と笑顔を見せていた。

 みうら氏と船越は没後25年を迎えた作家松本清張さんの作品に数多く出演してきたことから週刊文春で「崖」にまつわる対談を行ったほか、船越が司会を務めるNHK総合「ごごナマ」(月〜金、後1・00)でも共演していた。

 過去にはボブ・ディラン(16年)、松本人志(15年)、タモリ、宮藤官九郎(13年)の著名人からわさお(11年)、せんとくん(08年)といった動物、ゆるキャラなど幅広い分野からみうら氏が選定してきた。

 このほかの受賞者は伊集院光、運慶、川上ゆう、冷蔵庫マグネット(冷マ)だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年12月26日のニュース