岡元あつこ“サバサバ離婚”だった 夫の会社スタッフへの対応と同じ?「じゃ次の人」

[ 2017年9月16日 17:32 ]

岡元あつこ
Photo By スポニチ

 テレビ朝日「トゥナイト2」のリポーターとして人気を誇ったタレントの岡元あつこ(43)が16日放送のTBS「明日は我がミーティング」(後2・00)に出演。今年7月に発表したサッカー元日本代表DFの柳本啓成氏(44)との離婚について語った。

 2005年、31歳の時に結婚。夫がコーチを務める少年サッカーチームをサポートするため、奈良に移住した。しかし、友人が1人もいないなどの環境になじめず。結婚12年目、岡本から離婚をほのめかした。

 「ちょっと(離婚を)考えようということを言って。でも、主人は『いや、もうダメだったら、やめよう』。すっごいサバサバ」。アッサリ離婚が決まり、離婚届の提出報告もLINEで行うほど、カジュアルだった。

 「主人は今、自分で会社をやっているんですが、スタッフが辞める時も『OK。じゃ次の人を探すから』。ウダウダと考える時間がすごく嫌なタイプというのも分かっているので、私の時もそうだと思わなかったので。えっ!私も!?みたいな」と苦笑い。

 「離婚してみて、テレビを見ても、籠池さん夫妻を見ても涙が出てくるんです。こんなに支え合っているのに…。なんで私はこんななんだろうと思って」と涙をぬぐった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年9月16日のニュース