カンニング竹山 逆ギレで宮迫を擁護「あんたたちの一線と俺の一線は違う」

[ 2017年8月20日 10:55 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のカンニング竹山(46)が20日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が2人の女性と不倫疑惑騒動を起こしたことについて持論を展開した。

 竹山は今回の騒動に「俺も不倫してたから偉そうに言えない。ありますあります、俺は真っ黒ですから」と過去の自身の不倫騒動を引き合いに苦笑。「あの頃は今ほどブームじゃなかった」としつつ、「不倫なんて騒ぐもんじゃない、やっている人はやっている。家で怒られるのが一番つらい。不倫なんて女の人は絶対イヤなんですよ」と自身の経験を踏まえてまくし立てた。

 女医でタレントの西川史子(46)が「バレちゃダメなんじゃない?」と不満そうな顔を向けると、竹山は「バレたから謝ったんでしょ!」。西川が「バレたのに認めないから怒ってるんですよ」と続けると、竹山は「認めちゃ終わりだよ。俺だって裸で写真撮られても一線は越えてないから。あんたたちの一線と俺の一線は違う」と逆ギレ。それでも、最後は「午後から風俗行きます」と笑顔を見せ、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月20日のニュース