【指原V3スピーチ全文】イベント中止謝罪「どうかAKB48を見捨てないでください」

[ 2017年6月17日 21:30 ]

<AKB総選挙>後輩のスピーチに涙する指原莉乃
Photo By スポニチ

 AKB48の第9回選抜総選挙の開票が17日に沖縄で行われ、HKT48の指原莉乃(23)が史上初の3連覇を果たした。第8回の24万3011票を超える過去最多の24万6376票を獲得。「今回がラスト」と決めた舞台で有終の美を飾った。

 【指原莉乃 1位スピーチ全文】

 指原「まずは、投票してくださった皆さん、そして応援してくださった皆さん。本当に本当にありがとうございました。本当にうれしいです。

 私のこれまでのアイドルとしての活動は、きっと総選挙とともにあったと思います。今こうしてテレビに出ているのも、テレビに出ている自分に自信が出てきたことも、たくさん迷惑をかけてしまった両親に少しずつでも恩返しが出来ているのも、応援してくださった皆さんが私を1位にしてくれた、そこから始まったと思っています。

 楽しいことばかりではない総選挙に出会えて、きっとメンバーの中にはつらい思いをしていることが多かったり、悔しい気持ちになっていることが多いメンバーもいると思います。ですが、この総選挙と言うイベントに出会え、参加できること幸せに思います。改めて、皆さんありがとうございます。

 そして、重ね重ねにはなってしまいますが、先ほど横山(由依)からもありました通り、今回沖縄でのコンサート、そして開票イベントが中止になってしまったこと、天候のこととはいえ、『6月に野外で…』と言う無茶があったと思います。本当に申し訳ございませんでした。

 こういう一つ一つの積み重ねで皆さんの気持ちが離れていくのがとても怖いです。今のAKB、どんどん信頼を失っている気がして、みんなが離れていくのが本当に怖いです。そして今、大事な仲間が卒業発表して、これからどうなっちゃうんだろうって…本当に不安です。皆さん、どうかこれからもメンバー・スタッフ一丸となって頑張りますので、AKB48を見捨てないでください。

 スピーチをしてくれた後輩にこれからは全てを託して、私は迷惑をかけないように後ろで追いかけていきたいと思います。こんな私を、普段はバラエティーでアイドルらしからぬ言動をしている私をアイドルにしてくれた指原のファンの皆さん、改めて、本当にありがとうございました!

 最後に、メンバーも関係者の皆さんも一緒にお願いします。『これからも、AKBグループを一緒に作ってくれるかな?』」

 他のメンバー「いいとも!!」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月17日のニュース