元ほっしゃん。星田「いつでも辞めたるぞ!」元相方に引退騒動イジられ…

[ 2017年5月2日 09:41 ]

お笑いタレントで俳優の星田英利
Photo By スポニチ

 元「ほっしゃん。」ことお笑いタレントで俳優の星田英利(45)が1日放送の日本テレビ系「笑神様は突然に…SP」に出演。元相方の宮川大輔(44)に昨年12月に起こした引退騒動をイジられ「あんまり言うたら、いつでも辞めたるぞ!」とすごんでみせる一幕があった。

 星田は1991年、宮川大輔(44)とお笑いコンビ「チュパチャップス」を結成しデビューした。99年の解散後はピン芸人として活躍していたが、昨年12月6日にインスタグラムで芸能界引退を示唆して騒動に発展。「軽はずみだった」として即日引退を撤回していた。

 この日は、元相方の宮川と共演。MCの内村光良(52)から「(コンビがそろうのは)久しぶりなんじゃ?」と振られると、宮川が「この間引退する言うて、6時間くらいで撤回してた」と引退騒動イジり。星田は「6時間あったら人間って変わる。あんまり言うたら、いつでも辞めたるぞ!」とキレ気味の返しでスタジオを沸かせた。

 また、同番組のロケ先で偶然、他番組のロケ中の陣内智則(42)に遭遇。星田らが少し離れたところから「陣内〜!」と呼びかけるも“イタい大学生”だと誤認され、そっけない対応を受けた。星田は「辞める言うたら、あんな仕打ち受けんねや」と不満を漏らしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月2日のニュース