幸福の科学 清水富美加告白本スピード発刊のワケ「独自の体制」

[ 2017年2月18日 19:51 ]

告白本を出版した清水富美加
Photo By スポニチ

 宗教法人「幸福の科学」に出家し、芸能界引退を表明した女優・清水富美加(22)の告白本「全部、言っちゃうね。」が今月11日以降のインタビューで17日にスピード発刊が可能になった理由について、幸福の科学は18日、公式サイトで明かした。

 「わずか2〜3日での印刷、発刊は不可能ではないのか?」という疑問に対し「幸福の科学出版では可能です」と回答。

 「時事テーマなどを扱った書籍については、これまでもできるだけタイムリーに世の中に公開するため、独自の編集・制作体制を整えてきました。詳細については答えられませんが、緊急で書籍を発刊する場合には『音声データ』を入手した時点から『製本された書籍』として刷り上がるまでの時間を、1〜2日程度に短縮させています」とした。

 具体例として、昨年11月9日の米大統領選挙の結果を受けて「トランプ新大統領で 世界はこう動く」(著大川隆法総裁)は3日後の同12日に発刊されたことを挙げた。「スピード発刊」は120冊ほど行っているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年2月18日のニュース