NHK朝ドラ「ひよっこ」“語り”は増田明美さん 起用理由は解説での美声

[ 2017年2月15日 16:55 ]

増田明美さん
Photo By スポニチ

 NHKは15日、東京・渋谷の同局で放送局定例会見を行い、次期連続テレビ小説「ひよっこ」(4月3日スタート、月〜土曜前8・00)の“語り”を、元マラソン五輪代表でスポーツジャーナリストの増田明美さん(53)が務めると発表した。

 同局の菓子浩チーフプロデューサーは「非常に聞き取りやすいきれいな声をされている」と、マラソン中継などでおなじみの”美声”が起用理由と説明。「半年間聞いていただく声としてふさわしい。ナレーションもうまいですよね」と絶賛した。

 また「ひよっこ」の語りは、当時の時代背景などを説明する役割を担うため増田さんを抜てきしたと明言。「ヒロインの人生をマラソンに例えて解説していただきたい」と期待を語った。

 増田さんは「私が生まれた昭和39年の東京オリンピックの頃が舞台と伺い、これも何かの縁ですね」と運命的なものを感じている様子。「内容が素晴らしいので邪魔にならないように、マラソン選手を沿道で走りながら応援する気持ちでやらせて頂きます」と意気込みを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年2月15日のニュース