「そして誰も…」日本では舞台メイン 米で1945年に映画化

[ 2017年1月31日 05:30 ]

 英推理作家アガサ・クリスティの代表作「そして誰もいなくなった」は、日本では主に舞台で、原作を基にしたものや、オマージュ作品が作られてきた。

 映画では1945年に製作された米作品が有名。名優ウォルター・ヒューストンらが出演した。その後も、孤島のホテルの設定が雪山の頂上の館、砂漠の中のホテルに変更され度々リメークされた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年1月31日のニュース