仲間由紀恵主演で「そして誰もいなくなった」日本で初めて映像化

[ 2017年1月31日 05:30 ]

テレビ朝日がドラマ化する「そして誰もいなくなった」イメージ写真
Photo By 提供写真

 英推理作家アガサ・クリスティの代表作で、全世界で1億部以上を売り上げている「そして誰もいなくなった」が、仲間由紀恵(37)の主演で、日本で初めて映像化される。テレビ朝日が2夜連続ドラマとして今春放送する。

 同局は「相棒」や「土曜ワイド劇場」など、推理要素のあるドラマを多く手掛けてきた。“ミステリーの女王”の残した不朽の名作をドラマ化することは、かねての悲願で、数年間をかけアガサ・クリスティ財団と交渉。多数のオファーの中映像化を認められた。

 孤島のホテルに集められた10人が次々と殺されていくストーリーや、基本の設定、トリックは原作通り。登場人物だけは全て日本人に置き換える。同局は「日本の文化に物語を引き寄せることで、ある種オリジナルな世界観を実現し、原作を読んだ方にも新しい楽しみ方をしていただけると思う」と自信を見せている。

 共演は津川雅彦(77)、渡瀬恒彦(72)、大地真央(60)、柳葉敏郎(56)、向井理(34)ら実力派の豪華メンバー。世紀を超えて愛される原作の魅力を存分に表現しつつ、独特の掛け合いで新たなエッセンスを注入する。

 かつて世界大会で金メダルを獲得した元水泳選手を演じる仲間は「台本も、もちろん原作も、読めば読むほど怖いお話。登場人物みんなが抱えている問題があり、実はそれが“人間の一番怖いところ”だったと分かっていくラストまで、とても緊張感のある作品です」と語る。「大先輩方からたくさんの助言をいただきながら、記念すべき日本初映像化作品を作り上げていきたい。存分に怖がって、楽しみながらご覧ください」と自信を見せている。

 ◆物語 八丈島沖の孤島に立つホテルのオーナーにより、元水泳選手や、かつて裁判長や国会議員を務めた名士、そして元女優や元傭兵(ようへい)ら8人の男女が島に呼び寄せられる。着いてみるとオーナーは不在。何が起こるのか、期待と不安に包まれながら夕食をとっていると、どこからか8人の過去の罪を暴露する“謎の声”が聞こえてくる。そしてホテルの執事夫妻を含めた10人が一人、また一人と殺されていく…。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年1月31日のニュース