NMB48藤江れいなが卒業発表、女優に転身「1年前頃から考えてました」

[ 2017年2月1日 00:00 ]

公演で卒業を発表したNMB48の藤江れいな(左から3人目)
Photo By スポニチ

 NMB48の藤江れいな(23)が31日、チームB2「恋愛禁止条例」公演初日の最後で卒業を発表。公演後の会見で今後は女優として活動する決意を明かした。

 藤江は07年に「AKB48第1回研究生(4期生)オーディション」に合格。08年3月にチームAメンバーに昇格した。11年9月の「AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会」で2位に入り、選抜メンバー入りした強運の持ち主でもある。14年にNMB48へ移籍。15年4月にはチームMのキャプテンに。昨年10月にはNMB48が大きく組織変更し、チームB2へ異動していた。

 チームB2にとっては新チームでの初公演。最初のあいさつで「22歳、今日が最後です」と卒業を思わせる意味深発言。公演の最後には「AKBに加入して5月で丸10年。そろそろ独り立ちする頃かなと思った。次のステップを考えて卒業を決めました」とファンに卒業を報告した。

 公演後の会見では「5月で節目の10年。1年前頃から考えてました。いろんな思いがあって、こみ上げてくるものがありました」と引退に至った経緯を説明。「今後は女優として活動して、演技で人の心を動かせるようにしたい」と女優転身への思いを語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年1月31日のニュース