川栄李奈 大阪弁に苦戦も「頭をフル回転。ちょっとは賢くなった」

[ 2017年1月22日 06:55 ]

ディープな大阪での撮影を楽しむ(左から)川栄李奈、林遣都、吉田鋼太郎
Photo By スポニチ

 元AKB48の川栄李奈(21)が21日、大阪市西成区内で行われたNHKドラマ「アオゾラカット」(3月15日後10:00、BSプレミアム)の撮影を行った。

 作品は、外国人観光客に人気となった西成を舞台に、美容師の息子(林遣都)と父(吉田鋼太郎)の葛藤と和解を描くヒューマンコメディー。

 全編が大阪弁だが、これが神奈川出身の川栄にとっては至難の業。「あまり勉強してこなかった私ですが、今、頭をフル回転させてます」と話し「昔はバカを前面に出していましたがちょっとは賢くなったと思います!」と胸を張った。

 AKB卒業後は女優として引っ張りだこ。NHKでは連続テレビ小説「とと姉ちゃん」にも出演しているが「朝ドラのヒロイン?常に狙ってます」と貪欲だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年1月22日のニュース