横山裕「上を下へのジレッタ」主演 手塚治虫の異色作に「身委ねる」

[ 2016年11月10日 05:30 ]

妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」の原作(手塚治虫文庫全集)講談社

 関ジャニ∞の横山裕(35)が、手塚治虫作品を舞台化した妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」(来年5月、東京・Bunkamuraシアターコクーン)に主演する。

 1968年に「漫画サンデー」に連載された異色作。主人公は、空腹時にだけ絶世の美女に変身する歌手を売り出そうとするテレビディレクター。歌手の恋人で漫画家の男が「ジレッタ」と呼ばれる妄想世界を他人に伝達する能力に目覚めたことを知り、それを利用してのし上がろうとする。

 野心家のエゴイストという役に、横山は「新しい横山裕を見せられるんじゃないかな。僕自身、期待を持って楽しく作品に身を委ねようと思っています」と話している。脚本・演出は倉持裕氏が手掛ける。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年11月10日のニュース