ゲス川谷 騒動自戒?自分に「危機管理能力をしっかり持てよ」

[ 2016年11月10日 15:15 ]

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音

 ベッキー(32)との不倫騒動による離婚後、当時、未成年だったタレントほのかりん(20)と一緒に飲酒したとし、12月3日の公演を最後に活動を休止することを発表したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん、27)が9日放送の大阪・MBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)にゲスト出演した。

 番組にはT.M.Revolutionこと西川貴教(46)がレギュラー出演。西川が今年9月に主催した音楽祭「イナズマロックフェス2016」(滋賀県草津市)に、ゲス乙女が初登場。お笑いコンビ「TKO」の木下隆行(44)がゲス乙女にインタビューをした録音音源がオンエアされた。

 ドラムほな・いこか(27)がベース休日課長(29)の食べ過ぎを注意すると、休日課長は「メンバーに(自分の)健康管理をお願いしたい。お弁当作ってください。この際だから」。木下が「絵音さん、メンバーに何かありますか?」と水を向けると、川谷は「そうですね…まぁ、自分にもっとしっかりしろって言いたいですかね。自分に言いたい?はい、この際だからね。この際だから、電波に乗せていただいて。危機管理能力をね、しっかり持てよと」と騒動を意識したコメント。自戒(?)しつつも、笑いながら話した。

 木下も「いや、ありがたいわぁ。ええ顔してますねぇ。今、きれいな顔で言うてくれましたね。ありがとうございます」と“おいしいコメント”を喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年11月10日のニュース