宮沢りえ マサイ族の権力者に求婚された過去「牛50頭やると…」

[ 2016年10月26日 05:54 ]

宮沢りえ
Photo By スポニチ

 女優の宮沢りえ(43)が25日深夜に放送されたテレビ東京「チマタの噺」(火曜深夜0・12)に出演。かつてマサイ族の権力者から求婚された過去を明かした。

 母・光子さんが旅行好きだったことから、かつてアフリカを1カ月訪れたエピソードを披露。「ゾウもライオンも見つくしてあと3週間何をするんだろう」と暇を持て余した時、近くにあるマサイ族の村を訪問。権力者の第4夫人に慕われ、旅行最終日には権力者から「俺の第5夫人にならないか」と誘われたという。

 「『ここに来たら牛を50頭やる』と。第4夫人に『どうしてもあなたに奥さんになって欲しい』と言われて。お断りしたけど、入っていたらどうなっていたかな」と懐かしそうに振り返った。

 司会の笑福亭鶴瓶(64)は「そこにおったらおもろいよな。たまに帰ってきて舞台と映画する。マサイ族の女やで」と現実離れした状況を笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月26日のニュース