NEWS小山慶一郎、米大統領選特番メーンキャスターに「世界が動く大事な瞬間」

[ 2016年10月26日 17:10 ]

小山慶一郎とともに「every.×米大統領選2016(仮)」のキャスターを務める藤井貴彦アナ(左)と鈴江奈々アナ(C)日本テレビ
Photo By 提供写真

 NEWSの小山慶一郎(32)が11月9日に放送する日本テレビ系の米大統領選開票特番「every.×米大統領選2016(仮)」(水曜前10・25)でメーンキャスターを務める。民主党候補クリントン氏と共和党候補トランプ氏による選挙戦の様子をお茶の間に伝える。

 小山は10年4月から同局の夕方の報道番組「news every.」(月~木曜後3・50、金曜4・50)でキャスターを担当。“視聴者目線”を大切にするスタンスを明確にしてニュースを伝え続けてきた。現在6年目。抜群の安定感を身につけ、視聴者の信頼を獲得した。

 小山は「若い世代の皆さんにとっても、アメリカ大統領選挙は“いま僕らの生きる世界”が、今後どうなっていくのかに大きく影響する“世界が動く、大事な瞬間”です。news every.の“チームのチカラ”と“スピード感”を活かしながらお伝えできることに、大きなやりがいを感じています。視聴者の皆さんに、わかりやすく身近な出来事として、この大事な瞬間をお伝えできるように素朴な疑問を大切にして、一生懸命考え、勉強し“等身大の架け橋”になれるよう頑張ります」と意気込みを語った。

 藤井貴彦アナウンサー(44)が現地中継、鈴江奈々アナウンサー(36)が開票速報キャスターを務める。

 斉山嘉伸報道局・番組担当プロデューサーは小山の起用理由について「小山さんはアイドルの顔とは別に、普段から何度も何度も災害被災地に足を運び、思いを寄せ、汗をかき、真面目に勉強することでキャスターのチカラを積み上げてきました。藤井キャスターと小山キャスターはnews every.が誇る機動力、わかりやすさの“看板”です。大切な瞬間を、しっかりお伝えできると思います」と説明した。

 特番では米国で進む開票結果を注目州&激戦州に特化して速報。なぜ今回の大統領選が重要なのかとわかりやすくプレゼン。「超格差社会」「イスラム教徒や移民排斥論渦巻く分断社会」などの問題にも迫り、米国の実態を紹介する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年10月26日のニュース