沢尻エリカ “別に…”騒動振り返る「ちょっとおかしかった」

[ 2016年8月22日 22:34 ]

女優の沢尻エリカ

 女優の沢尻エリカ(30)が22日、日本テレビ「深イイ×しゃべくり24時間テレビ愛の合体SP」(月曜後9・00)に出演。かつて世間を騒がせた「別に…」発言を振り返り、当時の心境を語った。

 沢尻は2007年、自身が主役を務めた映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶でインタビュアーの質問に対し「特に無いです」、「別に…」などふてくされた態度で返答。世間から批判を受け、意図せず“エリカ様”と呼ばれるようになった。

 司会の「くりぃむしちゅー」上田晋也(46)が「(会った時も)凄い腰が低くて…。そのニュース見たけど、いまだに信じてない。あれ嘘だよね」と発言。続けて「一応聞くけど、なんでそんな感じになったの」と質問した。

 沢尻は「凄い色々あった時期で…」と振り返り、「自分も子どもだったし、色々なことが重なって…あの時期はちょっとおかしかった」と当時の自分を回想した。

 それでも「もう(現在は)30歳なので、だいぶ落ち着いたと思います」と落ち着いて語り、出演者らの“別に…”を模するコントも笑って受け入れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年8月22日のニュース