「さんまのまんま」9月でレギュラー放送終了 30周年を区切りに

[ 2016年8月4日 12:51 ]

明石家さんま

 お笑いタレントの明石家さんま(61)が司会を務めるカンテレの人気長寿バラエティー番組「さんまのまんま」(土曜後1・56、関西ローカル)が、9月をもってレギュラー放送を終了することが分かった。4日に同局が発表した。

 同番組は1985年4月に放送スタート。来月24日がレギュラー放送の最終回となり、以降はスペシャル番組として継続していく。

 同局はレギュラー放送終了の理由について「今年3月に、30周年という記念の1年を終えたことを区切りと考えた」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年8月4日のニュース