河北麻友子 3億円ジュエリーにテンションMAX「お手洗いまで警備が…」

[ 2016年8月4日 15:01 ]

「スマ婚」のPRアンバサダーに就任し、ウエディングドレス姿を披露した河北麻友子

 タレントの河北麻友子(24)が、結婚式プロデュースの「スマ婚」のPRアンバサダーに就任し4日、都内でウエディングドレス姿を披露した。

 これまで何度も着たことはあるが、この日は計104カラットのダイヤをあしらった総額3億円のティアラ、イヤリング、ネックレスの豪華装飾。「ウエディングドレスを着る度にテンションが上がるけれど、ここまでのボリュームは初めて。輝きと重みが全然違う。普段は全く守られていないのに、お手洗いまで警備の方がついてくる」といたずらっぽい笑みを浮かべた。

 今年5月には6つ上の姉が結婚式を挙げ、「最高で、最初から最後まで泣きっ放しだった」という。自身も、「絶対に、いつかします。入籍だけなんて信じられない。結婚式は小さい頃からのあこがれなので」と意気込んだ。

 理想の式は、出身地の米ニューヨークと日本で2回挙げることだそうで、「お色直しは5回。白が2回と色ものが2回。そして和装。自己満足なので、温かく見守ってほしい。“そんなに着るの”っていう旦那さんはイヤ」と主張した。

 お相手に関しては、今年11月の25歳の誕生日で所属事務所の恋愛が解禁となり、「明石家さんまさんのような、たくさん笑わせてくれる人」が理想。「そこから捜し始めなので、PRアンバサダーとしてたくさんの人に幸せになってほしいし、私のことも気にかけてほしい」と夢をはせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年8月4日のニュース