プリンスさんのギター競売へ 80年代後半から使用

[ 2016年5月14日 10:54 ]

 米競売会社ヘリテージ・オークションズは13日、57歳で急死した人気歌手プリンスさんが1980年代後半から90年代半ばにツアーで使用した「イエロークラウド(黄色い雲の)ギター」を、6月24~25日にビバリーヒルズで競売に掛けると発表した。

 プリンスさんのギターの調整を担当していたジーク・クラーク氏によると、このギターはプリンスさんが音楽ビデオやツアー、レコーディングで使用した。修理された跡はあるが、状態は良好という。

 美声で知られるプリンスさんは、情感のこもったギターの演奏でも多くのファンを魅了した。プリンスさんは4月21日、米中西部ミネアポリス近郊の音楽スタジオを兼ねた自宅のエレベーターで意識不明の状態で見つかり、後に死亡が確認された。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年5月14日のニュース