3・25公開「バットマンvsスーパーマン…」世界一航空会社とコラボ

[ 2016年2月8日 18:22 ]

映画のラッピングを施した特別仕様のB777型機

 アクション・アドベンチャー映画「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」(3月25日公開)配給会社のワーナー・ブラザースが8日、ターキッシュ エアラインズとスポンサー契約を締結したことを発表した。

 ターキッシュ社はトルコのフラッグキャリアとして世界113ヶ国、284都市の広範囲なネットワークで世界一の就航都市数を誇る航空会社で、作品の中でも同社のボーイング777機体が重要なシーンで度々登場する。イルケル・アイジュ会長は「今年最大の話題の映画で、ワーナーブラザースと提携締結に至ったことを非常に喜ばしく思っています。作品が呼び起こす感動は、我が社の世界的なネットワークと最高のおもてなしを世界中の映画ファンに示す絶好の機会になると考えています」とコメント。

 また、ワーナー社のワールドワイド・プロモーショナル・パートナーシップ担当でバイスプレジデントのジーン・ガーロック氏は「連携により、バットマンとスーパーマンの映画を空の上や、世界中のファンの皆様に届けることをうれしく思います」と両社のコラボを歓迎した。

 ターキッシュ エアラインズは米国の2つの新たな目的地として、物語中の架空の都市、ゴッサム・シティとメトロポリス行きの航空券の「予約」案内など、映画のストーリーをイメージした数多くの企画を予定。早速、8日から3月中旬まで、同社サイト(turkishairlaines.com/flytogothamまたはturkishairlaines.com/flytometoropolis)で、ゴッサム・シティやメトロポリスへの航空券予約サービスを開始するほか、予約を行うことで2つの都市のライフスタイル(アクティビティー、カルチャー、ナイトライフなど)を限定バーチャル映像で楽しむことができる。

 また、映画ファン8人をプレミアム試写会のガラ・イベントに招待する企画も今後予定している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年2月8日のニュース