ピストルバルブ活動休止「ザ・ベストハウス123」音楽担当

[ 2016年2月8日 22:22 ]

 ガールズロックバンド「ピストルバルブ」が2月限りで活動休止することがわかった。公式サイトで8日、発表された。

 「ピストルバルブを応援して下さってる皆様にご報告」と題し、「ピストルバルブは2005年から10年間活動をしてきましたが、2016年2月をもって活動を休止致します。いままでピストルバルブを応援して支えて下さった皆様、お世話になった皆様、突然のご報告になり申し訳ありません」と活動休止を伝えるとともに謝罪した。

 ピストルバルブは05年11人で結成。07年にメジャーデビュー時は10人、10年には4人、11年には3人に、とメンバー数が次第に減っていった。今月1日にはM-chan(29)が結婚と脱退を発表したばかりだった。

 現メンバーの2人は「バンド活動をしてきた10年の間に、メンバーそれぞれの環境や活動に対しての意識が変化し、M-chanが結婚して家庭に入る事を機にバンドを離れる事になりました。いろいろと模索しましたが、3人でなければピストルバルブは成立しないという事になり『休止』という結論に至りました」(アンド―!)、「ずっと、、、おばあちゃんになるまでピストルバルブでいたいと思っています。とみぃにとって一番大切な存在です。だから、解散はしません」(とみぃ)とそれぞれ思いをつづった。

 ピストルバルブは06年から12年までフジテレビで放送されていた「ザ・ベストハウス123」のオープニング、エンディングテーマに加え、番組内での生演奏も担当した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年2月8日のニュース