「ワイドナショー」2週連続2桁台10・3% 「サンジャポ」に肉薄

[ 2016年2月8日 10:10 ]

ダウンタウンの松本人志

 7日に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)が平均視聴率10・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2週連続の2桁台をマークしたことが8日、分かった。

 前週1月31日に番組歴代最高となる初の2桁台10・7%を記録したばかり。2週連続の“大台”となり、勢いは本物のようだ。

 ダウンタウンの松本人志(52)がレギュラーコメンテーター。7日は覚せい剤所持容疑で現行犯逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)や“三角関係騒動”の渦中にあるお笑い芸人の狩野英孝(33)のニュースなどで持論を展開した。

 今年に入るや、SMAPの分裂騒動など芸能のビッグニュースが相次いだ。笑いを取りながら独自の視点で語る松本の発言に、一層の注目が集まったようだ。

 同時間帯の雄、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)の7日は10・4%。その差、わずか0・1ポイントと肉薄。「ワイドナショー」が「サンジャポ」の牙城を崩す日が近づいている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年2月8日のニュース