マッチ35周年ライブ最終公演にジャニーズ後輩集結!徹子も熱狂

[ 2015年12月13日 05:30 ]

近藤真彦35周年コンサートに訪れた黒柳徹子

 歌手の近藤真彦(51)がデビュー日の12日、35周年記念の全国ツアー最終公演を東京・日本武道館で行った。女優の黒柳徹子(82)、脚本家の内館牧子さん(67)、歌手の竹内まりや(60)や織田哲郎(57)ら公私で親交のある著名人が多数来場。後輩は前日11日の公演と合わせて計33人が駆け付けて記念日を祝福した。

 超満員の1万人で埋まった記念公演。「自分の原点」と語る代表曲「ギンギラギンにさりげなく」でスタート。曲数は自ら選んだ35曲で、作家の伊集院静氏(65)から作詞提供を受けた楽曲を中心に構成した。デビュー曲「スニーカーぶる~す」から最新曲「大人の流儀」まで、35年分のヒット曲もできるだけ詰め込んだ。

 アンコール曲「Baby Rose」ではTOKIO、V6、KinKi Kids、嵐のメンバーら26人がステージに登場。同曲を全員で合唱し、近藤を祝福した。大野智(35)は「マッチさんが40周年公演をここでやられたら、僕も40歳でここにいます。ぜひ、やってください」と強調。タッキー&翼の滝沢秀明(33)は「マッチさんがジャニーズ事務所のアイドルの道を敷いてくださったので僕らがいる。これからも応援してます」と感謝した。近藤は「みんな、めちゃめちゃ忙しいのに、ありがとう。本当にうれしい」とほほ笑んだ。

 音楽活動に力を入れてきた今年は記念のアルバムとシングルを発表。19年ぶりのNHK紅白歌合戦出場も決まっている。最後に「たくさんのファンの皆さんと後輩に囲まれて、いい35周年を迎えることができました」としみじみ語った近藤。ラストに再び「ギンギラギン…」を熱唱し、華やかな記念公演を締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年12月13日のニュース