川島なお美さん、通夜祭壇に赤い花注がれたワイングラスと犬の置物

[ 2015年10月1日 17:25 ]

川島なお美さん通夜の祭壇、遺影の横にはワイングラスがしつらえられた
Photo By スポニチ

川島なお美さん通夜

 1日に東京・青山葬儀所で営まれる女優川島なお美さん(享年54)の祭壇は、夫でパティシエの鎧塚俊彦さん(49)が川島さんをイメージした色鮮やかなものとなった。遺影はピンクの花の前で優しくほほえむ川島さんの写真。祭壇は白い花で彩られ、遺影の左には、赤ワインをイメージした赤い花びらが入ったワイングラス。右には数本のワイングラスがしつらえられた。愛犬家だった川島さんのために犬の置物も飾られた。

 夫の鎧塚さんは自身のフェイスブックで「強いて言うなればなお美葬です。独自のスタイルを作り上げた川島なお美最後の幕。心の中のなお美と相談しつつ、なお美ならきっとこうやったであろう最終幕を悶々と構築しております」と9月29日に思いをつづっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年10月1日のニュース