釣りバカのはずが…竹野内豊が西田敏行の「釣りはあまり…」発言暴露

[ 2015年10月1日 16:00 ]

映画「人生の約束」完成会見に出席した(左から)竹野内豊、江口洋介、西田敏行

 俳優・竹野内豊(44)が主演する、ドラマ界の巨匠・石橋冠監督(78)の映画初監督作「人生の約束」(来年1月9日公開)の完成報告会見が1日、都内のホテルで行われた。

 石橋監督が演出した「池中玄太80キロ」シリーズ(1980~89年)の大ファンだったという竹野内は、「家族と一緒に、毎週楽しみにしながら拝見していた。あんなにすごいドラマを作られた冠さんの、初映画に参加させていただき本当に光栄。人生喜び、悲しみ、生きることをあらためて考えさせてくれる素敵な作品になった」と感慨深げ。その池中玄太を演じていた西田敏行(67)とも初共演で、「言葉のコミュニケーションを超えたものというか、背中を見て勉強させていただいた」と感謝した。

 撮影中のエピソードを求められると、舞台となる富山・新湊でのロケの合間に、共演の江口洋介(47)と釣りに興じた話をし始めたが、「これ、言っていいのかなあ」と思い出し笑い。そこに映画「釣りバカ日誌」シリーズで知られる西田も加わったそうだが、「後ろで見ておられて、釣りはあまり好きではないとおっしゃられたのが印象的だった」と暴露。西田は「もっといいこと、言えなかったのかなあ」とツッこみつつ、「そうなんです。釣りはあまり好きではないんですよ」とあっさりカミングアウトした。

 漁師役を演じた江口は、「思い切ってなり切ってやろう」と角刈りにし、撮影中もジャージー姿で通したという。これに対して竹野内は、「肌も真っ黒で、現場で初めてごあいさつをした時に本当に江口さんかなというくらいだった。もう漁師にしか見えなかった」と称えていた。

 会見にはほかに松坂桃李(26)、優香(35)、昨年の国民的美少女コンテストのグランプリで映画初出演となる高橋ひかる(14)、柄本明(66)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年10月1日のニュース