波瑠 夫役の玉木宏にクレーム「いたずら好きなので、驚いてばかり」

[ 2015年9月1日 18:45 ]

連続テレビ小説「あさが来た」で夫婦役を演じる玉木宏(左)と波瑠

 女優の波瑠(24)と俳優の玉木宏(35)が1日、都内で次期NHK連続テレビ小説「あさが来た」(9月28日スタート、月~土曜前8・00)の第1週の試写会に出席した。同作のヒロイン今井あさを演じる波瑠は完成した作品を見て「見ていると元気になるし、パワーをもらえるような楽しい作品」と出来に胸を張った。

 あさの夫、白岡新次郎を演じる玉木は「撮影が始まって4カ月くらい経って撮り進めているのに、反応がないのはしんどいばかり」と、同ドラマの放映を心待ちにしている様子。2人は夫婦役ということで息もピッタリで、撮影中、びっくりしたエピソードを聞かれた波瑠は「玉木さんがいたずら好きなので驚いてばかり」と意外な裏話を披露。「ゴキブリのリアルなおもちゃを持ってきて、スタジオでスタンバイしている時に顔に投げてきた」と苦言を呈すると、玉木も「どこかで虫が嫌いって情報を聞いて…」と照れ臭そうに話した。

 第1週で波瑠が演じる、あさの少女時代を演じたのは子役の鈴木梨央(10)も登場。鈴木は「見てる方が1日頑張ろうって元気になってくれたら」とアピールした。同作は幕末から大正時代にかけて生きた実業家、広岡浅子(1849~1919年)がモデルの女性一代記。主題歌は、AKB48が歌う「365日の紙飛行機」。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年9月1日のニュース