俳優・佐藤浩市に「引退」なし 演技に「執着する姿想像できる」

[ 2015年9月1日 11:00 ]

ドラマ「ハッ ピー・リタイアメント」で主演を務める佐藤浩市
Photo By スポニチ

 俳優にはサラリーマンや役人のような定年がない。スポーツ選手とも違い、体力の衰えを理由に現役を退く人もまれだ。俳優・佐藤浩市(54)が、定年で天下った官僚らのその後の生きざまを描くテレビ朝日のドラマ「ハッピー・リタイアメント」(今秋放送)に主演する。自ら50代半ばを迎えた今、その胸に「引退」の文字がちらつくことはあるのか!?

 佐藤は役者を引退することへの考えを淡々と語り始めた。感情を抑えた静かな口調だ。

 「きついことをやっている時、そこから逃れたいと思うのが人間ですよね。映画を一本撮るのは肉体だけじゃなくメンタルもきつい時がある。そんな時はそう考えることもありますけど、結局、(亡くなった俳優の)原田芳雄さんや(父親で俳優の)三國連太郎という人たちの散り際に、演技に対する執着を見てきたので、いざ自分が“もう演じなくてもいい”と言われた時、それに対して執着してしまう姿が容易に想像できる。言葉ではそう言ったとしても、根っこの部分では演じることから離れられないんだろうと思います」

 50代半ばとはいえ、その全身からかもし出される雰囲気は相変わらず精力的で、目の奥には強くて鋭い光がある。

 「経験値がこれだけ生かされる仕事はないんですよね。僕は30代の時、阪本順治監督と会って“トカレフ”(1994年公開の映画)をやって、深作欣二監督と“忠臣蔵外伝 四谷怪談”(同年)をやって、石井隆監督と“GONIN”(95年)をやった。あの時の自分自身の伸びしろ、振幅は大きかったと思うけれど、その役を昇華させる力は今の方が数段上だと思う。肉体的な表現に関して言えば、四肢にしても、流れる汗にしても、若い時の方が美しいわけだけど、それを補う以上のものが経験値の中にある。そういう意味で、この仕事はうまい具合にできてるなと思う」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年9月1日のニュース