「ゴゴスマ」2時間生放送に ミヤネ屋に対抗、TBSも制作参加へ

[ 2015年9月1日 13:25 ]

 TBS「10月期番組改編説明会」が1日、都内で行われ、現在1時間で放送している情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜1・55)を2時間の生放送とすることを発表した。

 同番組はこれまでの柱であった生活情報に加え、事件、事故など視聴者の関心事に応える番組作りを目指す。菊野浩樹編成部長は「生活情報を中心にしていたが、幅広く伝えていこうという意図」と意気込み。現在は名古屋・CBCの制作であるが、石丸彰彦編成部企画統括は「東京の最大関心事も伝えていく。東京の方にもスタッフルームを作っている」と制作に関してTBSも手伝っていく考えを示した。

 同番組は13年に「平日のゴゴ、東海地方の全家庭に笑顔を!」をコンセプトに東海地方で放送を開始。今春から関東地方でも1時間の放送がスタートしていた。放送当日の事件、事故、生中継、芸能情報など情報を強化し、同時間帯に放送されている日本テレビ「ミヤネ屋」に対抗していく考えだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年9月1日のニュース